トップページ » 院長ブログ

Weblog

2019-05-25

https://rollingstonejapan.com/articles/detail/30957

自閉症の原因は3つありますが、
主犯は胎生期と出産後8週間に
頸動脈の血行不良を作っていることにあります。

①胎生期は大抵へその緒を首に絡ませて、
斜角筋群やその他の頸部筋を拘縮させて、
外頸動脈や内頚動脈の血行不良を作ります。
へその緒は大変大事な器官ですが、
子宮内を動き回る胎児にとっては
罠でも凶器でもあります。

昨日来た友人は手と足にへその緒が絡まって、
足と手の指が一部ありません。

②産後八週間は首が全然座っていないので
親の方も怖くてなるべく抱かずに
寝させる方向にありますので、
この間に腰椎を側屈させる機会が無いので
「腰方形筋」が固まります。

③生活様式の変化で背負わず前に抱いたり、
背負っても親の体の動きから独立した形になると、
幼児は縮こまった体を動かす機会がありません。
絶壁の後頭部や歪んだ顔を持つ友人は
明らかに首の異常がありましたが、
優秀な設計者で人格にも優れております。
おそらくはお母様がちゃんと背負って
幼少期を過ごされたのでしょう。
ーーー
そして筋肉は筋膜によって全身繋がっており、
全体の動きが悪くなれば、
一番自由の効く首に負担が集中し、
脳に行く血管が圧迫されれば発達障害、
鼻に行く血管なら花粉症や鼻炎、
目に行く血管なら近眼やドライアイ。
全体の循環障害があれば鬱、
肋間筋の血行障害があれば突発的な動悸。

自身の責任の大きさを感じつつ、
どうやってこのことを伝えるべきかいつも悩んでいます。

posted by 若佐 政儀 | 2019/05/25 - 11:49 |
2019-05-21

腰痛を治す技術の無かった過去と

角材をカンナで削り尽くす程度の効率であっても
実在する現在では症状に対する前提が大きく変わっています。

ただ、それを受け止める側の常識は
そう簡単に変わるものではありません。

また、知らないことを受け入れる際に、
良い悪いではなく、肯定するか否定するかが
「意識の入り口」にあります。

否定から入る人は否定した後に肯定する要因を探し、
肯定から入る人はその後否定要因を探します。

残念なことに否定から入る人は高齢化して能力が落ちると
新しいことを精査できないので「頑固」になります。
肯定から入る人は否定要因を探せなくなるので、
騙されやすくなります。

後期高齢者になる前に能力の低下が
最低限になるよう努められるのは、
体力・気力・金力が有るうちです。

人生百年時代、寿命尽きるまで
心豊かに過ごしたいものですね。

posted by 若佐 政儀 | 2019/05/21 - 13:02 |
2019-05-15

モンスターペアレントや隠れ発達障害の生徒を含め
ストレスを溜め込んだ先生達の休職や離職が相次ぎ、
高じたストレスのはけ口に間違った方法を選択して
懲戒処分を受ける教師も増えています。

小児科のスタッフの方に伺うと
病気の子供を連れて来た両親と
会話が成立しないことが多く、
対応に困窮している話も
しばしば聞きます。

何がそうさせているのでしょうか?

結論を最初に書いておきますと、
緊張すると出来ることが出来なくなるのは、
実体のない心が緊張しているのではなく、
筋肉が緊張し、血行を制限することで、
ホルモンの働きや神経伝達(特に交感神経)を
阻害することで正常ではなくなり、
更にストレスを溜めることになるからです。
緊張したスポーツ選手が肉離れを起こしやすいのも、
緊張して可動域が少なくなっているのに、
同じ様に使ったことで千切れてしまうことで起こります。

現状、ゆとり世代以降の体が固いことは2つ前の投稿で書かせて頂きました。
固い体と心の関係について
簡単な解説をしてみます。

前提として、3つの働きが正常でなくては、
心を正しく整理することは出来ません。

脳が正常に働くためには①大量の酸素、
②脳脊髄液が一定量流れること、
③ストレス量に相応しい睡眠時間が必要です。

①脳は体重の2%程度の重さしかありませんが、
酸素は23%使います。
目も含めれば25%程度でしょうか。

②そして脳脊髄液は頭蓋骨の底にある
蝶形骨と後頭骨が主に後頭部ある
首の筋肉の動きによってポンプ作用が働き、
脳と脊髄、末梢神経へ神経液を送ります。

③脳は神経伝達物質を神経レセプター(受容体)に向かって
次々と送られますが、葉書や手紙のように
用件が伝わってしまえば「紙ゴミ」が残ります。
その様に脳内に残ってしまうのが
アルツハイマー病の主原因と目されている
「アミロイドβカスケード」で、
脳を余り使わないで動いている時間に処理されます。

端的にこの効果を出すのは瞑想です。

人の体は静止していても細かく動き続け、
それが後頭骨に伝わり、
後頭骨と蝶形骨(脳底蓋)を動かして
脳の一次呼吸(酸素を渡すこと)を促します。
(ちなみに肺呼吸は二次呼吸です)

座った状態で瞑想するのが一番効率的ですが、
一定時間を超え得るのであれば、
睡眠でも十分果たせます。
ただ、ストレスが多過ぎると寝ていても
脳は現実と想像の区別なく働き続けるので、
アミロイドβは溜まり続けます。

さて、脳に酸素を送るのは頚椎動脈ですが、
体が固いのであれば、首周りの筋肉も固いはず。
血液は循環するものですから、
送る側が通っても返る側が制限されていれば、
脳が膨らんで脳梗塞になります。

肩こりが有るなら脳への血液循環は
本来の状態ではありませんので、
能力が本来よりも制限されている、
とお考えください。

【少し脱線】
以前、従姉妹のご主人が赤黒い顔色だったので、
脳梗塞かクモ膜下出血に成りかねないので
キチンと対処しないとダメですよ、
と言った数年後にクモ膜下出血で帰らぬ人となりました。

また肩こりが有るならその下の筋肉も制限があります。

血液循環に置ける心臓の役割は21〜22%程度。
残りは全身の筋肉の動きによって静脈血が
送り返されることによります。

特に脚の筋肉(70%)は血行の半分以上(55%)を賄っています。
脚が衰えると心臓の負担が増えるので、
しっかり脚力を保つことが必要です、
と心筋梗塞の方にアドバイスしましたが、
下手に筋トレをされても危ないので
筋トレが出来ないなら、体幹部の血行阻害を
除去(主に骨盤上辺)すれば効果的とも伝えました。

本当は医療用心拍計を使いながら
問題のない範囲で筋トレをすべきとは思います。

【脱線終了】

そして首の筋肉が固いなら脳脊髄液の流れも制限があります。
脳底蓋
拾い物なので著作権上問題があれば削除します。

図は脳脊髄液のポンプ作用を表したもので、
主な動きのみですが、この動きが減ると
脳脊髄液は動きが制限され、
アミロイドβの排出も滞ることになります。

根本的解決の提案

教師の仕事を学力を伸ばすことだけに絞り、
不登校やいじめの問題には一切関わらない。
不登校は義務教育であっても本人の自由であって、
行く行かないは本人次第のもの。

いじめは犯罪行為なので基本捜査の能力も
権限もない教師は関わらない。
いじめに遭った児童生徒は警察に届けるものとし、
挑発行為も加害行為認定し、PTSDも
「傷害事件」として対処する。

部活動は原則廃止、もしくは専門の有資格指導員、
もしくはボランティア指導者に資格取得を斡旋する体制を採り、
教師が業務時間外に指導を行う場合は、
専門資格(健康運動指導士等)もしくは
競技・協会団体の認定を取得したものに限り、
外部指導員と同じ報酬と責任を負わせる。

教師の仕事は学習指導であって、
親の価値観との摺合せなど論外です。

posted by 若佐 政儀 | 2019/05/15 - 16:23 |
2019-05-13

様々なアニメに中で主要な

女子未成年キャラクターが

歩いたり走ったりしているのを

観るといつの頃からか

内股で描かれる様になっている。

特に可愛いとかキレイだとかの

設定のキャラクターは特にそうだ。

意識して内股にしようとしても

短期記憶は47秒で解除なので

それが恒常的になることは基本ありえない。

様々所で何度も書いているのだが

矯正された正常な外股はあっても

正常な内股は無い

原因は、腰を丸める役割を持つ

大腰筋の持続的な緊張により、

体重で前後のバランスを取るために

腰を反らし続けることで、

もう一つの役割である

「つま先を内側に向ける(股関節の内旋)」

によって内股になる。

腰を反らせると骨盤が前に倒れるので「X脚傾向」で、

本来踵の外側から着地が内側になり、

親指を最後に蹴る筈の足指が

小さな残り四本で蹴るので

適応のため足底腱膜に負荷がかかり続け

「ハイアーチ」気味になるため足底腱膜炎にもなり易い。

大腰筋の緊張は横隔膜脚部によって横隔膜の緊張を生み、

息を吐き切れないので呼吸が浅くなる。

浅くなった呼吸を補うために

肋骨下制筋に余分な運動を強いて

肋軟骨の前方への変形を作る。

無知ゆえに感じる可愛らしさなどに

ほとんど意味は無い。

今年はラグビーW杯、来年は東京五輪があるが

そこに内股の選手など皆無なのだ。

女性は男性に比べ骨盤が広い分、

余計に内股になり易いのだが、

昨今は症状が進んで男性にも内股が増えている。

根本的な原因は大腰筋に筋走行が似ている腰方形筋の石灰化がある。
大腰筋・腰方形筋
*画像は借り物なので著作権がある場合お知らせください。早急に削除いたします。

筋肉の役割は全く異なるが筋膜によって繋がり、

姿勢によっては拮抗してしまうことによって

持続的に緊張してしまう。

腰方形筋は12肋骨から腰椎の横突起と骨盤に付着し、

大腰筋は横突起の下内側に付着する。

腰骨は固定されていないので、

外側が固定されれば内側も動かなくなり、

もしもお子様が内股気味で成長期が残ってるなら

すぐにでも緩消法に取り組んで欲しい。

諸悪の根源は腰方形筋が動かないことにある。

posted by 若佐 政儀 | 2019/05/13 - 09:19 |
2019-04-24

ゆとり世代と長座体前屈が
採用された世代がカブる。

ゆとりは87年生まれからで、
12年後の99年から中学校以上で
採用される体力診断テストの
立位体前屈が長座体前屈に置き換えられた。

置き換えの理由は知らないが、
おそらく立位から無理をして
腿裏を傷める生徒が増えたからだろう。

脚は血行の55%に関わる。
血行不良はストレス耐性をも低下させるし、
脳も酸欠気味になれば十全に働く訳もない。

早めの対策が必要。

現在81歳の焼け跡世代から67歳の団塊の世代は、
戦後親の世代を否定するよう学校で教えられている。
そうなれば子育ての知恵も伝達はしない。
その子供は高度成長期に祖父母世代の影響下にあり、
実害は少ないが、その孫は核家族化で影響が少なくなり、
筋肉石灰化の危険性がより多くなっている。

その影響が顕在化したのがゆとり世代でもあるだろう。
教育の低レベル化だけが原因では無い筈。

posted by 若佐 政儀 | 2019/04/24 - 20:42 |
2019-04-11

緊張すると肩に力が入って普段出来ることが出来なくなって、
まともに喋れなくなったり、考えられないミスをしたりします。
スポーツ選手なら普段と同じように筋肉が使える前提で動いて
肉離れなどの怪我をします。

慣れて来ると肩の力が抜け、普段どおりのことが出来る。
つまり端的に言えばストレスを受け止める容器が筋肉であると言えます。

血液循環の内、心臓の分担は主に動脈の21%程度で、
残りは筋肉の収縮によって送られる静脈血になりますので、
筋肉が固くなれば緊張しているのと同じ状態で、
血行が阻害されていますから、
愛情ホルモンであるオキシトシンや
子育てに伴う苦労を緩和するオピオイドも
十分には届かない状況が推察されます。

野生動物でも状況によっては自分の子供を噛み殺すことがありますが
それは生命の危機がかなり迫ったときに限られ、
日本国内の安全な状況の中でその様な事態になる事自体が稀ですから、
生物学的におかしな状況と言えます。

脊椎動物で野生動物の体が固かったら、
運動能力低下で捕食され、
まず生き残れませんから、
その様な状態の動物が子を設けることもありません。

つまり、DVやネグレクトは生物として異常な状態で起こっている、と考えるべきだと考えています。

ポリオ(小児麻痺)の患者さんは極端な内股でフクラハギが固く、
爪先立ちで一種異様な歩き方になりますが、
その直前の女子がかなり多くなっています。
内股は大腰筋の短縮を体重移動で腰を反らした結果ですから、
その状態で妊娠出産をすれば肉体的精神的な負荷が
大きくなることは寧ろ当然だと思えます。

男性も同様の傾向にあることは言うまでもありません。
中学高校を通じて内股気味の同級生は覚えている限り一人だけでしたが、
今は非常に増えています。

その同級生も非常に優秀な技能を持っていましたが、
拘りが強く、その行動から一種の発達障害だったのではないかと感じています。

ちなみに正常な矯正された外股はありますが、
正常な内股はありません。
これは遺伝ではなく後天的な原因によるものです。

posted by 若佐 政儀 | 2019/04/11 - 13:05 |
2019-04-08

発達障害の急増、姿勢異常、体力・柔軟性の低下、
情緒不安定、花粉症、鬱など青少年の体は蝕まれている。
ネグレクト、DVなど子育てに耐えられない親も急増し、
最近も痛ましい事件があった。

明治前後の文献を読むと日本人は元来子供好きで、
酒席であっても子供のいない席はつまらなさそうにしている、
との外国人の指摘もあった程である。

戦前生まれの親達は子供を叱りつけることもあまりなく、
私も窘められることはあっても余り叱りつけられたことは無い。
近隣の大人も子供は社会で育てるもの、との認識があり、
その様な美風が権利意識の暴走で失われつつあるのは残念なことだが、
親が子供の成長よりも種の保全本能を無視してに自身の利便を優先し得るのは、
生物学的にも異常であるとしか言いようが無い。

その原因を社会構造や環境の変化としていては
対策が増えるばかりで真の原因には至れない。
物事の原因は「上流」を探すべきであり、
川が汚れているのであれば、
汚染物を流している場所を探すべきだろう。

先述した症状にはそれぞれ専門がある。
発達障害=小児神経科
姿勢異常=整体、
体力低下=フィットネス(運動部)、
情緒不安定=リラクゼーション・メンタルトレーニング
花粉症=耳鼻科
柔軟性低下=ヨガ教室
ネグレクト=保健師・民生委員
DV=警察

では彼らに真の原因は掴めているのか?
乱暴に括ってしまうと「筋肉の固化による血行障害」に帰結します。

発達障害=頸部筋固化により頚椎動脈絞扼によって脳細胞の酸欠(断続的な裸締め)→脳細胞の部分壊死

姿勢異常=筋肉の固化による可動制限。主に腰部筋膜の固化によって形態は異なる

体力低下=  同 上
柔軟性低下= 同 上

情緒不安定=血行不良による興奮物質や安静物質の代謝不良

花粉症=筋肉の固化によりATP代謝の不足→低体温→白血球の不足→マスト細胞への抗原到達→抗体値の上昇

鬱=筋肉固化による血行不良によりノルアドレナリンの未達に因する過剰分泌→セロトニンの過剰分泌→セロトニン残留による筋肉固化の広範囲化→鬱

ネグレクト・DV=鬱や情緒不安定に起因するストレス耐性低下

『あたたまれば何でも治る』的な本が一時流行したが、
それを外部的な刺激によるものではなく、
生理的な生体維持によって持続させることができれば、
事故や毒物、強力な病原菌やウィルスの罹患が無い限り、
医者要らずになれると確信している。

尚、死亡率のトップであるガン(悪性新生物)も
本来人間の細胞には無い「嫌気細胞」であり、
血行不良による「新生血管」の肥大したものであるならば、
血行障害を取り除けば新陳代謝の中で死滅するものでもある。

全てとは言えないが
「赤血球の通る所、病は駆逐される」
と言えるだろう。

posted by 若佐 政儀 | 2019/04/08 - 12:11 |
2019-04-01

生理学の教科書に「栄養の過不足で痛みは発生しない」と書いてあります。

ですが雑誌やTVには無数の「痛みに効く栄養素」として
様々な製品の宣伝文句が並んでいます。

我が家にはTVを置いていないし、
新聞・雑誌も買わないので
目にする機会もないのですが、
実家に立ち寄ると両親は
大抵TVのお守りをしていますので
嫌でも目に入ります。

メーカーの研究室には生理学を
修めた研究員が居る筈なのですが
厚労省・消費者センター・公正取引委員会は
文句を言いません。

また、大きなメーカーはISOやJIS-Zに批准しており、
「違法・脱法行為」を行う企業とは取引をしてはならない、
とあります。

判っている「嘘」をとぼけるのは脱法行為の筈なんですが
何か飛躍的な効果が補助食品にあるのでしょうか?

その場合、効果があると医薬品・医薬部外品として
治験が必要になります。

実は化粧品もあたかも効果効能が有るかのように
宣伝文句を謳っておりますが、
薬事法で化粧品に生理的な効果が
あってはならないのです。

要は言葉のトリック満載。

余り本当のことを書くと「刺され」ますのでこの辺で。
『クスリで病気は治らない』を書かれたドクターは
20年以上経過してもボディガードがついています。

お察しください。

posted by 若佐 政儀 | 2019/04/01 - 17:07 |
2019-02-21

私は科学的医療を否定するものではありません。

現在の医療は9割の病気を「治し生き長らえさせる」ことに成功しています。
今この場においても進歩し続け、私が知らないだけで95%に至っているのかも知れません。
そこまで進んだ医療ですが、日本は症状名を付けて
それに向かって治療をすることを要求する国民皆保険が基礎にあることで、
科学的医療ではなくなってしまっている部分が不定愁訴が治らない原因です。

不定愁訴は「非特異的愁訴」の俗称で、病変が確認で出来ない愁訴(辛い症状)を言います。
腰痛や肩こりなどの慢性的に続く痛みは筋肉が固くなることにより、
血行不良が痛みを作り、体温が下がり必要なだけ細胞を作ることが出来ません。

その他の愁訴は自律神経失調症であり、
主に血液の必要な交感神経の信号が必要なだけ届かないことにより発症します。

①血行不良 ②低体温 ③血行不良による神経障害。
この三点で殆どの不定愁訴は説明可能になります。
つまり血行障害を無くせば普通に仕事が出来ている方の愁訴は無くせる、
との視点で以降をお読みください。

尚、これに当てはまり難いのが副交感神経障害による愁訴で、全体の1/3あります。

また、世に有る「徒手矯正施術」は段階として、
リラクゼーション(癒やし)・機能回復・治癒があります。

リラクゼーションは平たく言えば「気休め」、
機能回復は体が忘れているものを再学習すること、
治癒は風邪が治るようにその後考慮をしなくて良いことで、
新たに症状を得ない限り再発しないことです。

リラクゼーションや機能回復を治癒と勘違いしたまま施術している技術者の何と多いことか。

自身の生理機能の範囲内で全て賄えるようになることを「治癒」と定義付けてください。

と言う意味において2006年まではその治癒方法は存在しませんでした。
「今はある」その意味がどんなに巨大なことか。

人間を含め治す方法が出来たのは「福音」としか思えません。

posted by 若佐 政儀 | 2019/02/21 - 14:23 |
2019-02-18

体のことではありませんが「未来」のことについて書いてみます。

世界的に大ヒットした「進撃の巨人」の第一回目のアニメの
タイトルは「二千年後の君へ」でした。

物語はシーズンを追うごとに複雑を極め、
難しすぎると離れるファンもいるそうです。
月間雑誌の漫画なので進行が遅く、
高校生で見始めた人はもう社会人になっているでしょうか。
今では「オッサンしか観ていない」との評価。
残念ながら私もそのオッサン一人です。

二千年後は天皇陛下でも考えていない。
陛下は相談事を園遊会でもなければ
決して立ったまま聴かない。
千年のスパンで目の前の課題にお答えになられると某所で伺いました。

それはさておき、50年後のあなたは何歳でしょう。

私は107歳で生きている確率はかなり低く
あまり考える必要は無いかも知れません。
しかし、今年成人式だった娘は70歳。
仕事は多分、定年がいくら伸びたとしても、
引退間近か孫の子守に追われているのかも知れません。

そんな中、実家の倉庫の屋根が一部崩れ、
現在屋根を修理中です。
その他にも2階建ての農機具倉庫が
そばを流れる小川に向かって傾いています。

費用は300万ほどで解体可能ですが、
今の所使える物をわざわざ費用を掛けて壊すのも不合理。
ただ、20年後はもう全然判らない状態です。

もうすぐ還暦の身ではありますが、体力がある内に
自分で崩してしまえば費用も掛からない。
50年後、何処で生活しているか判らない娘に、
父の実家の後始末を押し付ける訳には行かない。
まだ、生まれてもない孫になど滅相もない。

残念なことに息子は自閉で責任能力が無い。
娘には両親と兄、義兄、私の弟の相続人になります。
負の遺産をなるべく無くしておく必要があるとは考えていますが、
親族に相談したら「50年後を心配する人など居ない」と一言。
「目の前に居ますけど? それに課題が無いとでも?」

さてここまでは物質的な財産ですが、
ご自身の体はどうでしょう?
せめて30年後の自身のために準備されるべきと
考えております。

posted by 若佐 政儀 | 2019/02/18 - 17:44 |