トップページ » 院長ブログ

Weblog

2019-09-09

痛い場所より外側の筋肉が固くて
痛い部分が血行不良の酸欠なのを
神経が拾ったからだ。

腰が真ん丸に曲がったジジババでも
腰は痛くなかった。

彼らの筋肉は柔らかかった。

posted by 若佐 政儀 | 2019/09/09 - 14:48 |
2019-09-09

腰の筋肉が固くなって動きが鈍くなり、
局所に負担が掛かって
部分的に筋繊維が切れている。

治し方→固い部分の筋肉を柔らかくする
技術がある所を知らないなら諦めて有給消化。

posted by 若佐 政儀 | 2019/09/09 - 14:47 |
2019-09-09

頑張るときのアドレナリン。
頑張った後のセロトニン。

首の筋肉が粘液化で固いと、
セロトニンが首の筋肉に溜まって
首前の動脈を押さえてしまい、
ドミノ倒しで溜まってウツ発症。

治し方→首の筋肉の粘液除去

ウツの薬→セロトニン再吸収阻害薬=どうして治ると言えるの?

posted by 若佐 政儀 | 2019/09/09 - 14:45 |
2019-09-09

肋骨の下から膝下まで側方に脚を上げる筋肉の内、
肋骨下の筋肉が粘液化で固くなり、
伸ばすためにO脚補正。

O脚矯正サンダルなどでは治りません。

治し方→肋骨下の腰方形筋の粘液を追い出す。
後は自然治癒。

posted by 若佐 政儀 | 2019/09/09 - 14:44 |
2019-09-09

痒いのは血管を拡げるヒスタミン、
詰まるのは粘膜透過率を上げるロイコトリエン。
どっちも粘膜が乾燥して対処が必要だったから。

治し方→鼻水の供給源の外頸動脈を通しなされ

posted by 若佐 政儀 | 2019/09/09 - 14:42 |
2019-09-09

太ももの前の筋肉は大きくても結構弱い。
だから小さい割に強いふくらはぎの「腓腹筋」に
負けて筋肉を傷めたり血行障害になって酸欠の痛みが出る。

軟骨には痛覚が無いのでヒアルロン酸は無意味。

治し方→腓腹筋を緩めましょう

posted by 若佐 政儀 | 2019/09/09 - 14:41 |
2019-09-09

肩(肩胛骨)を持ち上げる筋肉は三種ある。
細い(肩甲挙筋)の、短い(菱形筋)の、
大っきい(僧帽筋)の。

同じ仕事をしたら細いのがくたばるので、
短いのと大っきいのが庇ってる。

治し方→肩甲挙筋を緩めましょう。

posted by 若佐 政儀 | 2019/09/09 - 14:40 |
2019-09-09

実態は「血栓の無い脳梗塞」。
首の前の動脈や静脈が
固くなった筋肉で押さえられて
血管が詰まって酸欠で
脳細胞が部分的に機能停止している。

治し方 → 無い (´;ω;`)

posted by 若佐 政儀 | 2019/09/09 - 14:38 |
2019-09-09

「自律神経失調症ですね」
   ↑
自律神経を失調していない病気があったら誰か教えて。

posted by 若佐 政儀 | 2019/09/09 - 14:36 |
2019-09-09

痛い場所より外側の筋肉が固くて痛い部分が血行不良の酸欠なのを神経が拾ったからだ。

腰が真ん丸に曲がったジジババでも腰は痛くなかったのは彼らの筋肉は柔らかかった。

#説明したら負けだ
#敢えて説明する

posted by 若佐 政儀 | 2019/09/09 - 12:55 |