トップページ » 院長ブログ > 未分類 > 「椎間板ヘルニアによる腰痛」は誤診です

Weblog

2018-02-07

これは保険診療に関わる一例です。腰痛で整形外科を 受診し MRI を撮影。下記の検査結果で出された診断と処方は有り勝ちなことです。

「椎間板(髄核)ヘルニアがあり、それが神経に触って*1 の腰痛です。また、腹筋と背筋が弱く*2、 バランスも悪い*3 ようなので、腰痛体操*4 とストレッチ*5 を理学療法室で指導して貰ってください。 また栄養不足*6 もあるので、◯◯と✕✕はしっかり食べ、また、体重が重過ぎる*7 ので、体重を減ら してください。年齢も年齢なので*8 痛みが無くなることは難しいかも知れません。」

*1〜7まで生理学の教科書で否定されており*8は言葉を変えた診療拒否です。各項目を詳述します。

1.髄核が末梢神経に触れても麻痺はあっても痛みは発現しない。
2.スポーツ選手は通常強靭な腹背筋と思われますが腰痛はある。
3.極端に腰の曲がった高齢歩行者を見かけます。疲労はしやすくても腰痛ではないので歩行可能。
4.筋力強化で痛みの減少は無い、と生理学の教科書で医師は学習しています。又2でも朗らかです。
5.関節可動域のある人でも腰痛はあります。例:高橋大輔(フィギュアスケート)
6.栄養が痛みに関係ないことも生理学の教科書に書いてあります。
7.痩せていても腰痛はあります。
8.年齢差は新陳代謝の低下であり髄核の漏出とは無関係。同年齢でも腰痛の有無はある。改善が見られない際のエクスキューズであり迂遠な診療拒否。医師法上診療拒否は認められていない。

 椎間板ヘルニアは俗称で正確には髄核ヘルニアです。髄核はゴルフボールのリキッドセンターの様 に圧力を分散するゼリー状のものが椎間板の中心にあり、椎間板繊維の破断により漏出します。

 医学的に痛みには「表層痛」と「深部痛」があり、一般的には急性痛と慢性痛と認知されています。 これは「痛み」を伝達する神経の種類が異なり、伝達するスピードも差があります。向こう脛を打っ たときにはまず衝撃が表層痛として A デルタ繊維がショックを伝え、時差があって C 繊維が痛みを 伝えます。反対に擦り傷程度では気付かないことがあり、他人に指摘されるまで気付かないこともあ るでしょう。

 髄核ヘルニアは神経終末に触れていないので痛みでは無く、神経周囲の血行が阻害され麻痺が起こ ります。髄核が出やすい部位にカテーテルバルーンを設置し膨らませる危険な実験が日本で実施され ましたが、麻痺は起こっても痛みは無く、バルーンが収縮すれば麻痺は収まったとの実験結果があり ます。ゼリー状の髄核に比較しバルーンの刺激は強く、つまり教科書で明確に否定されていたことが 実験によって確認されました。

posted by 若佐 政儀 | 2018/02/07 - 12:05 |