Weblog

2019-04-11

緊張すると肩に力が入って普段出来ることが出来なくなって、
まともに喋れなくなったり、考えられないミスをしたりします。
スポーツ選手なら普段と同じように筋肉が使える前提で動いて
肉離れなどの怪我をします。

慣れて来ると肩の力が抜け、普段どおりのことが出来る。
つまり端的に言えばストレスを受け止める容器が筋肉であると言えます。

血液循環の内、心臓の分担は主に動脈の21%程度で、
残りは筋肉の収縮によって送られる静脈血になりますので、
筋肉が固くなれば緊張しているのと同じ状態で、
血行が阻害されていますから、
愛情ホルモンであるオキシトシンや
子育てに伴う苦労を緩和するオピオイドも
十分には届かない状況が推察されます。

野生動物でも状況によっては自分の子供を噛み殺すことがありますが
それは生命の危機がかなり迫ったときに限られ、
日本国内の安全な状況の中でその様な事態になる事自体が稀ですから、
生物学的におかしな状況と言えます。

脊椎動物で野生動物の体が固かったら、
運動能力低下で捕食され、
まず生き残れませんから、
その様な状態の動物が子を設けることもありません。

つまり、DVやネグレクトは生物として異常な状態で起こっている、と考えるべきだと考えています。

ポリオ(小児麻痺)の患者さんは極端な内股でフクラハギが固く、
爪先立ちで一種異様な歩き方になりますが、
その直前の女子がかなり多くなっています。
内股は大腰筋の短縮を体重移動で腰を反らした結果ですから、
その状態で妊娠出産をすれば肉体的精神的な負荷が
大きくなることは寧ろ当然だと思えます。

男性も同様の傾向にあることは言うまでもありません。
中学高校を通じて内股気味の同級生は覚えている限り一人だけでしたが、
今は非常に増えています。

その同級生も非常に優秀な技能を持っていましたが、
拘りが強く、その行動から一種の発達障害だったのではないかと感じています。

ちなみに正常な矯正された外股はありますが、
正常な内股はありません。
これは遺伝ではなく後天的な原因によるものです。

posted by 若佐 政儀 | 2019/04/11 - 13:05 |
2019-04-08

発達障害の急増、姿勢異常、体力・柔軟性の低下、
情緒不安定、花粉症、鬱など青少年の体は蝕まれている。
ネグレクト、DVなど子育てに耐えられない親も急増し、
最近も痛ましい事件があった。

明治前後の文献を読むと日本人は元来子供好きで、
酒席であっても子供のいない席はつまらなさそうにしている、
との外国人の指摘もあった程である。

戦前生まれの親達は子供を叱りつけることもあまりなく、
私も窘められることはあっても余り叱りつけられたことは無い。
近隣の大人も子供は社会で育てるもの、との認識があり、
その様な美風が権利意識の暴走で失われつつあるのは残念なことだが、
親が子供の成長よりも種の保全本能を無視してに自身の利便を優先し得るのは、
生物学的にも異常であるとしか言いようが無い。

その原因を社会構造や環境の変化としていては
対策が増えるばかりで真の原因には至れない。
物事の原因は「上流」を探すべきであり、
川が汚れているのであれば、
汚染物を流している場所を探すべきだろう。

先述した症状にはそれぞれ専門がある。
発達障害=小児神経科
姿勢異常=整体、
体力低下=フィットネス(運動部)、
情緒不安定=リラクゼーション・メンタルトレーニング
花粉症=耳鼻科
柔軟性低下=ヨガ教室
ネグレクト=保健師・民生委員
DV=警察

では彼らに真の原因は掴めているのか?
乱暴に括ってしまうと「筋肉の固化による血行障害」に帰結します。

発達障害=頸部筋固化により頚椎動脈絞扼によって脳細胞の酸欠(断続的な裸締め)→脳細胞の部分壊死

姿勢異常=筋肉の固化による可動制限。主に腰部筋膜の固化によって形態は異なる

体力低下=  同 上
柔軟性低下= 同 上

情緒不安定=血行不良による興奮物質や安静物質の代謝不良

花粉症=筋肉の固化によりATP代謝の不足→低体温→白血球の不足→マスト細胞への抗原到達→抗体値の上昇

鬱=筋肉固化による血行不良によりノルアドレナリンの未達に因する過剰分泌→セロトニンの過剰分泌→セロトニン残留による筋肉固化の広範囲化→鬱

ネグレクト・DV=鬱や情緒不安定に起因するストレス耐性低下

『あたたまれば何でも治る』的な本が一時流行したが、
それを外部的な刺激によるものではなく、
生理的な生体維持によって持続させることができれば、
事故や毒物、強力な病原菌やウィルスの罹患が無い限り、
医者要らずになれると確信している。

尚、死亡率のトップであるガン(悪性新生物)も
本来人間の細胞には無い「嫌気細胞」であり、
血行不良による「新生血管」の肥大したものであるならば、
血行障害を取り除けば新陳代謝の中で死滅するものでもある。

全てとは言えないが
「赤血球の通る所、病は駆逐される」
と言えるだろう。

posted by 若佐 政儀 | 2019/04/08 - 12:11 |
2019-04-01

生理学の教科書に「栄養の過不足で痛みは発生しない」と書いてあります。

ですが雑誌やTVには無数の「痛みに効く栄養素」として
様々な製品の宣伝文句が並んでいます。

我が家にはTVを置いていないし、
新聞・雑誌も買わないので
目にする機会もないのですが、
実家に立ち寄ると両親は
大抵TVのお守りをしていますので
嫌でも目に入ります。

メーカーの研究室には生理学を
修めた研究員が居る筈なのですが
厚労省・消費者センター・公正取引委員会は
文句を言いません。

また、大きなメーカーはISOやJIS-Zに批准しており、
「違法・脱法行為」を行う企業とは取引をしてはならない、
とあります。

判っている「嘘」をとぼけるのは脱法行為の筈なんですが
何か飛躍的な効果が補助食品にあるのでしょうか?

その場合、効果があると医薬品・医薬部外品として
治験が必要になります。

実は化粧品もあたかも効果効能が有るかのように
宣伝文句を謳っておりますが、
薬事法で化粧品に生理的な効果が
あってはならないのです。

要は言葉のトリック満載。

余り本当のことを書くと「刺され」ますのでこの辺で。
『クスリで病気は治らない』を書かれたドクターは
20年以上経過してもボディガードがついています。

お察しください。

posted by 若佐 政儀 | 2019/04/01 - 17:07 |