Weblog

2018-05-23

前号記事はわかさ整体ブログに掲載。
次号は肩こりと花粉症について原因と治し方を。

所謂腰痛は深部痛と呼ばれ、長らく原因は不明とされて来ました。
映像で何も見つから無いので異常なしとされ、
腰痛症と原因が判らない診断。

因みに椎間板ヘルニアが腰痛の原因と言われたら逃げ帰るべきです。
麻痺が起こるだけで痛みは無いと生理学の教科書に書いてあります。

腰痛の発症過程は、
筋繊維の中に固くする成分が残って動かない

血管を潰して血行不良

酸欠の筋線維が動かず切れる

血管を拡げる発痛物質であるブラジキニン分泌

痛い!

腰痛にならない筋肉の柔らかさは図の青丸から6~8cm小指が入ること。
痛い状態なら狭くなった血管が老廃物と再生の為の栄養で一杯。
脂肪細胞を運び出すどころではない。
食事の制限と運動も大事だが、
脂肪を消費する筋肉へ経路が開かなければ、
筋肉を消耗するだけに終わり、
お腹の脂肪は残ってしまいます。

適正な食事・動く筋肉・通る血管・適度な運動。
この四つが脂肪を排出する条件となります。

腰痛の原因を無くせば減量も出来る。
何か文句有ります?

posted by 若佐 政儀 | 2018/05/23 - 16:46 |
2018-05-22

虚弱で腰痛持ちの私が今は腰痛になれなくなりました。
ある原理を教わったからです。
「平成昭和の人は腰痛?なんてあったんだって?!」。
そう語られる原理は6年前に学会発表されました。

発見した生理学者はその価値に相応しく、
その年百回以上新聞紙面に論旨掲載。
トンデモない嘘のモリカケ疑獄は伝わり、
価値ある腰痛が無くなる原理は
今もあなたは知らない。

残念なことですね。

体を守るために筋肉を固くする成分があり、
役割を終えても残ってしまうことで筋肉が固まり、
視線を傾けるほどになると腰痛の原因になります。

視線を保つために最後に固くなるのが脇腹。
小指全部が脇腹に入らなければ
腰痛の原因を抱えています。

背骨の矯正技術を30年学びましたが、
無緊張になる手法には初めて出会いました。

図の青線の長さに偏りがあるまま
帆柱を真っ直ぐしただけで直るでしょうか?

この原理は指を青丸に当て左右に上半身を振るだけで
全身が柔らかくなる単純な手法。

特典としてお越し頂いた方に無料で手法をお伝えします。

posted by 若佐 政儀 | 2018/05/22 - 17:31 |
2018-05-22

久々の更新です。

先日、慢性痛の原因を解消し、腰痛に物理的に「なれなくなる」
緩消法セミナーに行ってまいりました。
そこでの問題提起に長年の疑問が消えましたので、ご報告します。

昨今の子どもたちは一部を除いて非常に体が弱い。
腰痛・肩こりは言うに及ばず、様々な問題があります。
顕著な例は極端な内股や体の固さです。

その問題が正常に生まれたにも関わらず、
生後間もない頃に良かれと思っての行動に
原因があったとしたとしたらどうですか?

あなたは親御さんから大切に育てられたと思いますが、
核家族のお母様はどう扱って良いのか判らず
怖々毎回抱き上げていたことでしょう。
あなたが第一子であるならば尚更です。

三ヶ月は首が座らず全身グニャグニャですから、
人型の豆腐かコンニャクを抱き上げる様な感覚です。
なるべくなら寝かせて置きたい気持ちも想像出来るかと思います。

結果として腰方形筋が石灰化で固くなり、
腰痛の原因を抱えるだけでなく、
様々な血行障害に起因する
【不定愁訴】を発現します。

腰痛・肩こりは言うに及ばず、
発達障害、アトピー、花粉症、肥満。
成長してからは鬱(躁鬱含む)も原因となります。

オシメを替える際に足を持ち上げますが、
腰を左右に「側屈」される方はいないと思われますので、
もしも今、乳幼児のお世話をしている方、
身近にそのような方がいらっしゃったら、
是非教えて差し上げてください。

posted by 若佐 政儀 | 2018/05/22 - 17:27 |