トップページ » 院長ブログ > 未分類 > 腰痛と肥満は固い筋肉が起こす

Weblog

2018-05-23

前号記事はわかさ整体ブログに掲載。
次号は肩こりと花粉症について原因と治し方を。

所謂腰痛は深部痛と呼ばれ、長らく原因は不明とされて来ました。
映像で何も見つから無いので異常なしとされ、
腰痛症と原因が判らない診断。

因みに椎間板ヘルニアが腰痛の原因と言われたら逃げ帰るべきです。
麻痺が起こるだけで痛みは無いと生理学の教科書に書いてあります。

腰痛の発症過程は、
筋繊維の中に固くする成分が残って動かない

血管を潰して血行不良

酸欠の筋線維が動かず切れる

血管を拡げる発痛物質であるブラジキニン分泌

痛い!

腰痛にならない筋肉の柔らかさは図の青丸から6~8cm小指が入ること。
痛い状態なら狭くなった血管が老廃物と再生の為の栄養で一杯。
脂肪細胞を運び出すどころではない。
食事の制限と運動も大事だが、
脂肪を消費する筋肉へ経路が開かなければ、
筋肉を消耗するだけに終わり、
お腹の脂肪は残ってしまいます。

適正な食事・動く筋肉・通る血管・適度な運動。
この四つが脂肪を排出する条件となります。

腰痛の原因を無くせば減量も出来る。
何か文句有ります?

posted by 若佐 政儀 | 2018/05/23 - 16:46 |