トップページ » 院長ブログ > 未分類 > ウォーキングと機具での代用

Weblog

2019-12-19

朝となく夜となく歩いていらっしゃる方が増えました。

血液循環で心臓が占める割合は21〜22%で、
残りは静脈を体中の筋肉が動くことで、
逆流防止弁が一定方向に堰き止めることで循環しています。

逆流防止弁

つまり78〜79%は全身の骨格筋が静脈の血液を送っている、と言うことです。

脚を動かす筋肉は全身の70%ですから、
約0.8×0.7=0.56ですから、55%の血液は
心臓が送っています。

これが「脚は第二の心臓」と言われる所以です。

これから気温は下がり続ける中、
出かけるのは億劫になるでしょうし、
なかなか習慣付けるのも大変です。
そんな中一つ朗報があります。

自転車のペダルを電動で動かしてくれる
家庭用の機具があります。
通販で安ければ1万円程度でしょうか。

この上に足を置いてスイッチを入れれば、
勝手に脚を動かしてくれますので、
筋力増強にはなりませんが、
脚の筋肉は必ず「伸張反射」で動きますので
血行は促進してくれます。

本を読みながらでも、TVを観ながらでも構いません。
必ず血液の流れは向上します。
また、習慣的に血管を広げれば
毛細血管が閉じないので、
将来的な静脈瘤の予防にもなります。

使い潰してしまうようならもう少し高級な物にしてください。

ウォーキングは面倒だが将来の禍根は嫌だと言う方はお試しください。

posted by 若佐 政儀 | 2019/12/19 - 13:41 |